▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない

▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない



▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ないブログ:15年03月20日


減量には、
パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ごはんは、腹にガッツリときます。
少量でも重さがあるので、減量をしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしかパンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグに腹が減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまた腹がすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐに腹が減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ごはん以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ごはんは違います。
パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、パンよりもごはんのほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
体質への負担も小さいのです。

「パンにするか、ごはんにするか」
減量が成功するかどうかは、ここで決まるのです。

▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない

▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない

★メニュー

▼脱毛情報:電気シェーバーで簡単自己処理
▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない
▼脱毛情報:お肌にやさしい天然成分が配合された脱毛クリーム
▼脱毛情報:初心者にオススメの家庭用脱毛器
▼脱毛情報:購入者の方の満足度の高い製品
▼脱毛情報:保湿ケアを施術前に確認
▼脱毛情報:まずは試供品を申し込みしよう
▼脱毛情報:どうして脱毛中は保湿が大切なのか
▼脱毛情報:圧倒的にお肌に対するダメージが無い
▼脱毛情報:塗るだけ簡単なムダ毛対策ローション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠すことの出来ない脱毛情報